他企業を経験したからこそ分かる「マースらしさ」

こんにちは!

今回ブログ担当の林田です!

今回は、R&Dの大井健司さんに、マース独特の特徴についてお伺いしました!
大井さんの前職も某外資系メーカーに勤めていらっしゃり、昨年からマースで働いていらっしゃいます。
他の企業を経験したからこそ分かる、「マースらしさ」について、教えていただきました。

(以下、大井さん→大、林田→林)

————————————————————–

林:色々お伺いしていると、マースは他の外資系メーカーと異なる特徴を持っているような印象を受けました。
例えば、マースの企業形態としての特徴とか、ありますか?

大:マースは私企業で、上場していないんです。つまり、株主への利益還元を考える必要がないんですよ。

林:そうすると、具体的にどのような違いが生まれるのですか?

大:上場企業だと株主への利益還元の観点から踏み切りが難しいような大きなチャレンジも出来るんです。
だから、長期的な視点で企業の利益を高める、ということにコミットしやすい。
ただし意思決定の自由度が高い分、資金を得るために確実に利益を生み出さなければいけないという責任もあるんですけどね。

林:なるほど、上場と非上場の違いは、ビジネスプランの決定にも大きく影響するんですね。
働き方の面では他の企業との違いってありますか?

大:とても柔軟ですね。
マースではマーケティングやファイナンス、営業やR&Dなど、関連各部門から数名ずつメンバーが選ばれて、
チームを組んで製品を作り上げていきます。製品開発のそれぞれのフェーズに、メンバー全体がかかわっているんですよ。
だから、R&Dの専門分野についての決定をするときでも、他部門のメンバーからアドバイスをもらったりすることもあります。
自分の専門分野のみにとらわれることなく多くの分野に積極的にかかわる、という意味で柔軟だと思います。
あとは、マースでは一つの職種だけでなく、本人の希望で他の職種を経験することもありますし、
キャリアの選び方という意味でも柔軟性が高いですね。

林:いろんな部門の人がチーム一丸となってコミットするって、とても魅力的ですね!

大:そうですね。あとは、いろんなことがシステム化されている企業だと、欲しい情報があればそこにアクセスして取りに行ける。
でもマースでは、マニュアルとかもほとんどないし、情報は人の中に集約されていることが多いので、どうやって情報を手に入れるか、
という事も考える必要があるし、積極的に情報を取りに行く必要がある
これはマース五原則の一つである「責任(responsibility)」にも結び付くね。

林:ここにもマース五原則が結び付いているんですね!

大:そう!それに、データベースのような枠が無い、ということは、枠にとらわれない発想をする、という事が求められている。
つまり、”Make the Difference”を求められている、という事なんです。

林:出ました”Make the Difference”!
本当にマースでは原則やカルチャーが生きているんですね!

大:そうですね。R&Dの業務についてもちょっと触れると、マースは日本に工場を持っていないんです。

林:えっ!そうなんですか!?

大:そう。マース ジャパンの製品は、タイやオーストラリアなど他国のマース工場で生産をしています。
だから、もし何か今までの商品に変更を加えたければ、マース ジャパンのためだけじゃなくて、
他の国のマースにも利益があることを理解してもらって、お互いの利益のために協働する必要があります。
まさにマース五原則のうちの一つ、「互恵の原則」だね。だからマースのR&Dはコミュニケーションが必須。
とても大変なところだけど、これもまた面白い所ですね。

林:へぇ~。ここにもマースの精神が生きてくるんですね!
互恵の原則って、使い慣れない言葉でイメージがつかなかったんですが、「共に働く人に理不尽な負担をかけることなく、互いに恩恵を分かち合う」、
っていうことなんですね!ありがとうございます!
色々な角度から、マースと他の企業との違いを知ることが出来ました!

大:いえいえ、また何かあったら気軽に聞いてね!

————————————————————-

どうでしたか?

外資系メーカーと一口に言っても、それぞれ違いがあるんですね!
この記事が、企業を選択する際にお役に立てられれば幸いです。

大井さんにはR&Dのお仕事の内容イクメンとしてワークライフバランスを保つコツに関してもお伺いしています。

気になる方はチェック!!

【アソシエイト】

1. 部門別インタビュー |2. 複数部門経験者インタビュー |3.中途採用者インタビュー|4. カルカンドライ復活秘話1 |5.カルカンドライ復活秘話2 |6. 社長インタビュー

広告

他企業を経験したからこそ分かる「マースらしさ」」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 部門紹介 | ぶっちゃけマース!

  2. ピンバック: カルカン®復活秘話1 | ぶっちゃけマース!

  3. ピンバック: カルカン®復活秘話2 | ぶっちゃけマース!

  4. ピンバック: 複数部門経験者 インタビュー | ぶっちゃけマース!

  5. ピンバック: R&D部門紹介:大井さん | ぶっちゃけマース!

コメントは受け付けていません。