複数部門経験者 インタビュー

今回担当のいつもチョコレートで胸いっぱい遠藤です。

マース ジャパンは新卒採用において部門別採用を行っておらず、
新卒育成プログラムであるMLP(詳しくはこちら)でも複数職種を経験するようプログラムが組まれています。
今回は複数職種を経験された現在9年目の福嶋一弥さんにお話を聞かせていただきました。

—今までの福嶋さんご自身のキャリアについて教えて下さい。
新卒で入社してから営業、マーケティング、ファイナンスの3つの部門を経験しました。
その後、ビジネスプランニング、マーケティングを経験し、現在はファイナンスに戻ってきて1年程度が経ったところです。

—マースにおいて部門異動ってどのように行われているんですか?
本人に熱意と能力があって、ポジションが空いていれば、本人の希望で実現する可能性は高いと思います。

—ビジネスプランニングからマーケティングへ異動された動機はなんだったんですか?
当時、ビジネスプランニング側からマーケティングと仕事をしていて、もっとできるんじゃないかと思っていたところがあったんです。
実際にマーケティングに異動して貢献したみたいと思ったんですよ。

—その後ファイナンスへ戻られた動機はなんだったんですか?
自分のやりたかったことはマーケティングで達成出来たんです。でも仕事をする中で、
やっぱり自分の強みがもっと活かせる部門のほうがいいなって思うようになって。
そこでちょうど、組織変更があって一番やりたかった仕事がファイナンスでポジション化されることになったんです。
だから、このタイミングで上司に「戻りたいです!」という話をして、戻ることになりました。

—部門異動をしたことで良かったことはありますか?
今のファイナンスの仕事もそうなのですが、自分のキャリアのゴールであるCFOも、仕事をする上でビジネス全体の流れを理解する事が必須です。
お金の計算は出来ても、他部門の仕事内容やその流れを知らないとファイナンスの観点から必要なインプットをすることができません。
たとえば、テレビコマーシャルを制作することが決まった時に、マーケティング戦略や用語がわからないと、議論に積極的に関わることができなくなってしまうんです。
部門同士のつながりや様々な部門の仕事内容を理解する上で、異動は役立ちました。
また、様々な部門を経験すると、様々な専門知識を得る事が出来ます。
例えば、質問をする時も、知識があれば「こいつわかってるな〜」感が出せるんです(笑)
そうするとお互いの信頼度が自然にあがっていって、仕事がよりやりやすくなりますね。
ずっと同じ部門にいると、視野が狭くなってしまう可能性もあるんです。
様々な職種を経験すれば、所属している部門にとって好ましくないとであっても会社全体のことを考えるとどうなんだろう?
という視点を持ちやすいんです。ここもいいところかな。

—複数部門を経験する中で、何か辛かったことはありますか?
特にありません(笑)
ずっと一緒のことをしていると飽きちゃうんで、常に新しいことにチャレンジしていたいですね。

ー今後はどういったキャリアを考えているんですか?
これからもファイナンスでいくかな。

—転職ではなく部門異動をしたのはなぜですか?
転職は考えなかったですね。っていうのも必要性がないから。
一緒に働いているアソシエイトや仕事環境、休みの取りやすさなど総合的にマースに満足しているんです。もちろんお給料にも(笑)

—————————————————————————————————

スペシャリストを育てることも企業にとって大切ですが、ゼネラリストを育てることも重要なんですね!
ゼネラリストを育てることの出来る環境もまた、マースらしさなのかもしれませんね。
福嶋さんには現在所属されているファイナンスの仕事内容についても聞かせていただきました。
詳しくはこちらへどうぞ!

【アソシエイト】

1. 部門別インタビュー |2. 複数部門経験者インタビュー |3.中途採用者インタビュー |4. カルカンドライ復活秘話1 |5.カルカンドライ復活秘話2 |6. 社長インタビュー

広告

複数部門経験者 インタビュー」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 他企業を経験したからこそ分かる「マースらしさ」 | ぶっちゃけマース!

  2. ピンバック: 部門紹介 | ぶっちゃけマース!

  3. ピンバック: カルカン®復活秘話1 | ぶっちゃけマース!

  4. ピンバック: カルカン®復活秘話2 | ぶっちゃけマース!

  5. ピンバック: ファイナンス部門紹介:福嶋さん | ぶっちゃけマース!

コメントは受け付けていません。