R&D部門紹介:大井さん

こんにちは。
今回は林田から、研究開発部門(R&D)について紹介させていただきます!
R&Dチームの大井健司さんに仕事内容について教えていただきました!
(以下、大井さん→大、林田→林)

———————————————————

林:よろしくお願いします!

大:よろしくお願いします。大井健司と申します。
現在はカルカン®やシーバ®など、キャットフード全般のパッケージデザインを行っています。

林:パッケージデザインというと、魅力的なラベルのデザインを考えたり、芸術的なセンスが求められたり…というイメージがあるのですが…

大:パッケージの仕事ってわかりづらいですよね。僕も初めのうちは分からなかったです(笑)

R&Dにおけるパッケージデザインという仕事は、いわゆる「絵」を描くようなデザインとは関係ないんですよね。

林:え!?そうなんですか!?

大:基本的にパッケージデザインやコンセプトを考えるのは、主にマーケティングの役割で、そのイメージをどう形にしていくか、例えばどのようなサイズや材質にするのかといったテクニカル・デザインをする。それが、R&Dパッケージチームの役割なんです。

製品のパッケージには大きく分けて二つ存在理由があって、一つは「お店の棚でお客様に製品の存在をアピールし、理解してもらうこと」、もう一つは  「工場で作ってからお客様が使用し終わるまで、製品の品質を維持すること」です。
もう少しわかりやすく説明すると、まず一つ目は、お店の棚でたくさんある競合品の中から魅力的な商品であることを、パッケージを通してきちんとお客様にアピールできるように、パッケージのサイズや素材、形状などを、内容物や内容量とバランスを取りながら考えたりするんです。
二つ目は、例えばせっかく質の高いドライフードを開発しても、お客様が使う前に湿気て美味しくなくなってしまったら、せっかくの製品の良さが台無しになっちゃうでしょ?
そういうことを防ぐために、製造工程や輸送形態、お店やお客様の保管方法なども考慮してパッケージの素材を工夫したりするんです。

林:なるほど。製品のメッセージや中身を、理想の状態でお客様に届けるために最適なパッケージを開発する、ということですね。

大:そう。全部署から意見を吸い上げて、それを実際に形にするんです。難しいけど、やりがいもあってとても面白いよ。

R&D大井さん

林:ところで、R&Dと聞くと研究室にこもって実験しているイメージなんですが…なんだか違うような気がしてきました。

大:そうですね。パッケージに関して説明すると、実験して新素材を自分で開発するというよりは、今言ったようなパッケージ素材の最適化や、製品製造時の開発や問題の解決を行ったりします。

林:製造時の問題ですか…具体的にはどんなことをされるのですか?

大:例えば、ある製品の容器に、袋をつくるという工程があるとするよね。
袋の素材であるフィルムには通常、フィルム同士がくっつかないようにするための界面活性剤が練り込んであるんだけど、すべりが良すぎて袋をつくる工程がスムーズにいかないとする。
そんな時に、他のどんな界面活性剤に変えるともっとスムーズに生産できるようになるのか、ということを海外にあるマースの工場や資材サプライヤー様と協働して、改善していったりするんです。
生産をスムーズにするって、製品を市場に安定供給して、最適な価格でお客様に提供するためには、とても大事なことですよね。

林:なるほど!より完全に、より効率的に作りたい製品を作れるようにするんですね!その中で理系の知識も必要になるわけですね。

大:そうですね。
あと、マースでは製品を開発する時、マーケティングやファイナンス、営業、そしてR&Dなど、関連各部署のメンバーがチームを組みます。
コンセプトを考えたりする時にはR&Dだけどマーケティングにインプットをしたり、製品デザインの話の時に営業のメンバーがR&Dにアドバイスをくれたりすることもあるんです。
このように様々な立場からの意見を共有する仕組みがあるからこそ生まれるものもあるんです!

林:なるほど~。R&Dと言っても、ビジネス全体にかかわっているんですね!
いろいろ教えていただき、ありがとうございます!

——————————————————-

マースのR&Dという職種について理解を深めていただけたでしょうか?
国内外問わず多くの人とコミュニケーションを取りながら、消費者に満足してもらえる製品を実際の形にしていくことがR&Dの使命と言えるでしょう。

大井さんには、中途入社をされたという事で、他の会社も経験されたからこそ見えてくる「マースの特徴」に関するお話もしていただきました。
気になる方は、こちら

【部門別インタビュー】

1. マーケティング |2. 営業 |3. R&D |4. ファイナンス |5. サプライチェーンマネジメント |6. アクティビティーマネジメント

広告